体調不良もサプリのパワーでリフレッシュ

生活習慣病とは、成人病の予防対策が病気の二次予防に重点を置いていたことに加えて、生活習慣を改善する一次予防も重点を置くために作られた大きな概念のことを言います。
その名の通り、生活習慣が病気の発症に大きく関わる病気のことです。
生活習慣病の代表的な病気とは糖尿病、高血圧、脂質異常症などです。
肥満もこれに加わります。
この病気一つにかかっただけですぐ死ぬというわけではありませんが、一番恐ろしいのはこれらの病気を重複して発症してしまうことで、そのような状態をほうっておくと死ぬ時期は早まるといっても過言ではありません。
生活習慣病は、まず動脈硬化という状態を引き起こします。
動脈硬化とは簡単に言うと動脈が硬くなってしまう状態のことをいいますが、血管の壁などにコレステロールなどがへばりつき、血液の流れが悪くなってしまいます。
さらに動脈硬化の症状が進んでしまうと、血管の中に血栓などができ、血管を完全に塞いでしまう危険性があります。
生活習慣病はサイレントキラーともいわれ、自覚症状があまりないまま動脈硬化は進行してしまいます。
血管がつまってしまうとどうなってしまうのかというと、その病気に気付かず、または健康診断や人間ドックなどで指摘されて気付いたとしても、そのまま放っておいてしまうと、ある日急に心筋梗塞や脳梗塞などを発症してそのまま死んでしまうかもしれません。
また脳梗塞などを発症してたとえ一命を取り留めたとしても、半身不随などの後遺症が残ってしまう可能性が高くなってしまい、そのあとに人間らしい生活が出来なくなってしまう可能性が高いのです。
生活習慣病を予防するためには、まずは食生活を見直す必要があります。
食べすぎや偏食、過度なダイエット、不規則な食事時間などは健康にとっても大敵です。
栄養バランスよく食事を取る必要があります。
運動不足も大敵です。
ウォーキングや軽いジョギング、サイクリング、ストレッチなどの有酸素運動をするように心がけましょう。

喫煙や飲酒ももちろんよくありません。
生活習慣病を防ぐためには、節度のある飲酒をし禁煙するようにしましょう。
寝不足や過度なストレスもよくありません。
このように、生活習慣を改めることによって、生活習慣病の予防をすることが出来るのです。
ミドリムシナチュラルリッチ効果のポイント

更新履歴